読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間性と倫理観の欠如

穴があっても入れない人へ

2670

模試の代金2670円。

 

 

自ら獲得した知識は絶対に裏切らない。

 

薬は人間と違って裏切らないから救いになると思っていた時に、

「薬も結局は人間が作っているので裏切らないということはない」

ということを教えてもらってからズルズル絶望に浸っていたのだが、

信用に足る知識をたくさん獲得して馬鹿を抜け出せば

なんとなく今よりマシになれる気もする。

 

頭が悪いくせに隣人や他人を心のどこかで見下さないと生きていけないのが

外に出て辛くなる原因のひとつだと思う。

 

反抗期について教わった時、自分に当てはまりすぎて愕然としたのだけど

心の病とかじゃなくて単純に思春期と反抗期拗らせてるだけな気がしてきた。

 

 

 

 

はじめて香水を買った。

小さい頃、香水とか口紅は大人にならなきゃ買えないと思っていた。

大人の女性を思い浮かべる時にすぐ思いつくのは

香水か口紅かタイトなスカートのどれかだと思う。

母は口紅を塗らないし香水もたまにしか付けないけど、

小さい頃あこがれだった大人は皆なにかしらの人工的な香りを纏っていた。

母はクロエ、祖母はジバンシィ、先生はたしかブルガリ。

兄と敬称付けて呼んでる他人が家に連れてくる女の人もみんないい匂いがした。

 

小さい頃は大人にならないと手にはいらないと思っていたけど、

大人にならなきゃ買えないのは酒とタバコとエロ本くらいで、

大抵のものはお金と思い切りがあれば買えてしまう。

 

 

2つ買ったのだが、

箱からして既に可愛いので見てるだけで良い気分になる。

 

片一方は縦長のボトルに水色のラベル、

青みのかかったピンクの香水。

プッシュしてすぐは香りが強すぎて、少し下品だと思った。

ユリの中に顔を突っ込んでるみたいな匂いがする。

時間が立つにつれて若干お菓子みたいな匂いになる。

フェミニンをミキサーに掛けて濾過して壜に詰めたみたい。

 

もう片方は水色の楕円のボトルにおもちゃみたいなピンク色のボトル。

ボトルの中にLSDの幻覚みたいな華が咲いているデザイン。

きつくなくて爽やかな香りがする。でも女性的。

飲めそう。

好きな子がこの香り纏ってたら抱きつきたくなってしまうな・・・という感想が出た。

 

 

去年買ってぼんやりと読んだ漫画を読み直して感動した。

宮崎夏次系も浅野いにおも好きだ。

 

「夕方までに帰るよ」が特に好き。

粗暴な人と綺麗な人が出てくる作品は良い。

粗暴で綺麗な人も良い。

 

 

書きたいことが沢山あったのに思い出せない。