読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間性と倫理観の欠如

穴があっても入れない人へ

披露浪費疲労拾う卑陋

健常を主張して痛い思いをし続ける愚鈍さ。

結局のところ誰かに伝えたいものはもう殆ど尽きていて、

自分自身は静止と呼吸しかしていなくても

なにかに曳かれて勝手に時間は進んでいく。

愛されたかった筈の自分すら車窓からは視認できない。

 

運転免許が取得できる年齢になったら、

時間を進める仕事を誰かに任せ続けるわけにはいかない。

ただ風景が走るのを眺めたり

揺れて揺られて睡魔に抱かれるだけでは

先へ進むことはできないのだ。

 

自分の脚では行けないところに連れて行ってくれるなにかは

電車とタクシーとあと一つで十分だ。

ちょっと嘘。

 

 

 

親との会話が嫌になったのはいつだったろう。

親が正しくないことに気がついたのはいつだったろう。

自分は要らない子供だと、気がついたのはいつだったろう。

 

 

敏感を形成してた記憶に靄がかかって、自我と優しさが宙ぶらりん。

 

蹴り回された体操着も、

隠された靴も、

捨てられた上履きも、

机の死ねも、

絶対忘れちゃダメなのに。

 

悪意の葬式を勝手にしないで。

281119am