人間性と倫理観の欠如

穴があっても入れない人へ

視野狭 窄、塩酸

咳止め薬20錠を飲み下したとき以上の充足感がある。

 

離人感が消え没入感と多幸感の上に浮いている。

酒のせいなんだろうか。

 

人と会って活力が出るのは久しぶりで、

それは相手への気遣いが薄いから、

無理に会話を続けようとしていないから、

エネルギーが余ってるだけ

とか言われたらそれまでなんだけど。

 

 

得体の知れない何かの熱に浮かされているうちに文を吐ききろうと思ったけど

抵抗してもしてもじわじわ日常が蝕んできて耳を塞ぎたくなる。

 

 

 

これ絶対あとから見返して文脈の破綻に気づくパターンだ

 

 

 

三人の大人に頼まれて、人生で初めてキャラコスをした。

キャラの見た目と名前とセリフしか知らないし

もとのゲームもプレイしたことないけれど、

大人たちの熱の篭り具合から相当面白いんだろうな、とは思った。

 

当初ぜんぜん乗り気じゃなかったし

勝手に話が進むことへの不安や

割りとお金がかかることに少し躊躇いがあったのに

実際本番になると意外と楽しく感じてしまった。

いやたぶん撮るのが楽しかっただけかもしれない。

 

自分が撮られる側になると羞恥に苛まれて

小道具のうさぎの耳を振り回すことしかできなかった。

 

コスプレ沼は深い。

うさぎも頷いている。

 

 

 

 

往復2万かけてコスプレを見に来てくれた人に

コスプレ全然見せずに脱いでしまった。

手を振っただけで終わったの本当に酷いと思う。

 

今日に関しては見に来てくれた人との思い出が強いので

そっちをいっぱい書きたいと思う。

 

多分気持ちが悪いから、

本人の目が取り零すことを祈っておこう。

 

初対面。第一印象。

 

清廉な色の人だった。

服の暗色が肌によく映えて、直接言えたか覚えてないけど

すごく綺麗だと思った。

 

色の形容が許されるなら包帯かシーツがいい。

 

褒めて嫌がられたらどうしようかな、という考えが根底にあって、

なんかしらの歯止めがきいてたと思う。

ちゃんと褒めた記憶があまりない。

 

本人が読んで苦い(こわい)顔をするのを想像しつつ、

少ない語彙を使って精一杯美しさを挙げたい。

 

手の形はもちろんのこと所作が本当に綺麗。

さっきシーツと包帯を例に出したけど

今思うと清潔な布がはためくイメージが浮かぶ。

 

食事なんか動画に収めたいくらい綺麗だった。

もともと食事をしない人だと思ってたから、

肉なんか持ち上げて口に運んで咀嚼してるだけでちょっと感動した。

 

いろんな表情が見たくて、失礼を言ってみたりした。

自分が綺麗だと思った人が自分を見て嫌な顔するところ見るの好きって思ってしまうのやめたい。

 

 

なんか日記なのか感想なのかわからなくなってきた。

 

楽しかったことが多すぎて1個1個書くとキリがない。

 

 

前から行ってみたかった三軒茶屋に行くことができた。

三軒茶屋くんが114514回くらい言われて

「もう聞き飽きた」って言ってそうな感想を言います。

退廃的な魅力に溢れていた。

 

 

一人じゃ行けないだろうって雰囲気のところで

一人じゃ撮れない写真を沢山撮った。

 

街頭の少ない路地の落書きまみれの壁とか絶対一人じゃ撮りに行けない。

 

 

私有地で撮りまくって

(言われるまで気づかなかったけどよく見たら入り口に書いてあった)

「エモいエモい」と一人で騒いでいたら

そこの人から帰ってくれと怒られたりもした。

日本語が通じないフリすればよかったなってたった今思った。

「最近の若い子は」って言われるの久しぶりだなぁともたった今思った。

I'll be back.するから覚えとけよおばちゃん。

 

 

 

公園で写真をたくさん撮られた。

コスプレしてるときとタメ張れる枚数撮られた気がする。

自分のカメラで自分を撮ってもらえることが嬉しかったけど

撮られてる時も見返したときも羞恥がすごくてこれも本人に言えてない!

 

 

酒飲むと視野が狭まるし思考もとけるからダメだ。

話が遠回りしたり近道突っ切ったりで8割も伝わったかわかんない。

 

 

もっと書きたいことあったけど思い出したら書こう。

 

ここ最近で一番充足した日だった。

やさしいせかい