人間性と倫理観の欠如

穴があっても入れない人へ

mock

Gedicht

煩雑としている

 

 

「これで最後かもしれない」を拠り所に進める時計

リアルタイムな幸福が手に馴染まなくて

花火の残滓みたいにデジタルに明滅するだけ

目を瞑って早送り

 

プライマーで覆ったアングラで切る手札

みんな持ってる被害者面のお面の裏で一喜一憂

内省が足りない自覚がないこと教えてあげない

マウンティングで他人を敷いて

立ち位置の底上げをするしかないのは君の自尊心が希薄だから

批判に魅入られて散らした蜘蛛の子

 

悪足掻きの先で吐かれる「悪い子だね」が堪らなくて

卑下へ向けられた「理想の良い子だね」に身震いする

蔑視に安心 心労に首ったけ 胃に焼け付くダウナー

 

RGB表示でRが一人勝ち

ピンクの下のグロテスク

自己投資に躊躇った小銭 使い捨てカメラに倍以上ベット

ネイビーもブラックもブラウンも多分変わらないよ

コストパフォーマンスよりも商標

貶し合いとマウンティング

高説を垂れる口にシャネルのリップで蓋を

 

枯れた青春にモラトリアムは満開

若さの使用期限に愕然

今の行き先で甲斐性は買えないよ

そんなことしないでよ吝嗇家の癖に