人間性と倫理観の欠如

穴があっても入れない人へ

やさしいミントって謳ってるボトルガムが僕には優しくしてくれない

ネオンデーモン観たんだけどエル・ファニング無茶苦茶かわいいな・・・

忘れたくないから感想を書くけどネタバレは反転させようね

 

友達に誘われて、どんな映画?って訊ねた時に

「お前が好きそうな映画」と返ってきて、実際ストライクだったので感謝したい

 

キャストも衣装も映像も音楽も脚本も良かった。

 

こないだdisった渇き。も

キャストも衣装も映像も音楽も良かったんだけど

アレはなんかおはなしの締めくくりがちょっと腹立つからdisっちゃうよね

終局で急にダレるのださいじゃん

 

ネオンデーモン観てからなんというか映像美に拘る映画ジャンルがちゃんと確立されてるんかな・・・という気持ちになって渇き。の話の出来の悪さも許せそうな気がしてきた

ゆうてネオンデーモンも伏線回収はしてくれないしな

伏線回収かなってシーンはあったけど自主解釈(笑)だからうーん

 

音楽がいいって言ったけど音楽っていうか音だった

セリフは多くないながら質量があって、エグみが強くて最高だった・・・

画面構成がずっと綺麗で、2時間が本当に速かった。

因みに渇き。は3時間くらいに感じられた。

 

映像とか設定が本当によかった。

ピントの行き来

グリッターのパーティキュラー

奇抜なメイクと奇抜な衣装

アナモルフィックフレア

玉ボケの歪

紫 青 血

性的倒錯

ドロドロの女と液体

お花 刺青 エンバーミング

 

序盤の化粧室のシーンが一番好きかもしれない

「食べ物とセックスが絡んだら女は購入する(リップスティックの話)、

あなたは何を使ってるの?」(セリフがちょっとあやふや)

「Fuck off.(くたばれ)」

もうこの時点で胸の高鳴りを感じた

 

たぶん映画館で観る洋画も

上映時間に間に合わせるためにダッシュしたのも

上映時に幕が開いて肉声で電源を切るよう促す映画館も

レイトショーも全部始めてだった 超たのしいね

 

 

女子版二郎に行ったんだけど二郎よりも苦しかった

ラーメン二郎の本当の苦しみを知らないのに言うのもなんなんだけど

一生分のホイップクリーム食べたわ

味はよかったんだけど二郎と違って気分が悪くなるので、吐きたいな~って思った

 

二郎は麺半分とか麺1/3とかニンニク抜きヤサイ少なめで食べてるし

多分5回行ったか行ってないかくらいだからあんまり苦しんだことない

間違えて豚多くしてしまったときは苦しみがあった

あれも一緒に行った人に食べてもらったから本当に二郎で苦しんでない

二郎舐めプにわか勢

書いたらちょっとお腹が空いてきてしまって辛い

 

女子版二郎も味変えられるアイテムがテーブルに備え付けてある(しかも三種もある)

のは優しいと思った

本当に味に飽きて全然手が進まないので

ココナッツシロップを恐る恐るかけたんですけど

見た目が完全に射精後で食欲減退してしまった話は誰にもしていない

 

終盤はケチャップ(三種のシロップの他にテーブルに備え付けてある)と

パンケーキを交互に口に運ぶ機になってた

塩気がないと完食は無理

 

 

あとは渋谷で焼き鳥を食べた。

行こうとした店が満席だったからキャッチに別の店を案内してもらった

雰囲気も味もよかったしメニューも豊富だったから、

ちゃんとお腹すいてる時に誰かともう一回くらい行きたい

 

なんで渋谷かって本当は渋谷に夕方行って映画を観るつもりだったんだけど

満席だったから泣く泣く横浜の治安悪い場所に足を運んでレイトショー観たわけ

 

渋谷に行くのが11月ぶりな気がして、

11月に一緒に渋谷行った人のことちょくちょく思い出したりした

三軒茶屋の案内標識とかあって尚更あ^~

 

 

 

消灯時間が過ぎているからこの辺にしておこう