読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間性と倫理観の欠如

穴があっても入れない人へ

そんなくだらないことしてないで早く帰っておいでよ

物事の価値は本人にしか分からない。

 

小さい頃お菓子の空き箱を集めていた。

お菓子は甘くて幸せをくれるから好きだったし、

ずこう の時間で使うのはいつもお菓子の空き箱だった。

 

大人に「そんなもの集めてどうするんだ」と

捨てられた時に自分を否定された気がした。

 

愛着は自分の一部にすることと同義。

精神的にも、肉体的にも。

 

大人にされて嫌だったこと、

同じこと、 を。

他人にしたいと思ってしまうのは

鈍さに目隠しされているから?

 

 

 

届かないから独りごちるけど

自分がされて嫌なことは人にしちゃいけないの、

小学生だって知ってるよ。

 

 

自分が好意的に見ている人が、

自分が好きじゃないことをしているのを止められないのは

かなしいことだとおもう。

 

 

 

 

バカな大人の相手はやめて、

楽しい話をしようよ、なんて言いたくても言えないし

きっともう駄目なんだろうなぁ

 

 

 

 

 

思いつきみたいなぽっと出の好意はほぼほぼ違法

洩らした方か相手した方が

軽んじられて廃棄されるのが関の山。

 

 

 

 

 

布団から這いずり出て、

ぼさぼさの頭を毟りながら溜息を吐く。

 

非国民に祝日なんてない。

 

今日はもともと買い物に出かける予定だった。

 

昨日も一昨日も買い物に出かけた。

実際にレジでお金を払うかは別として。

 

紳士服のお店に入るときは奥歯が浮く感じが嫌なので

自分に兄がいる想像をしながら商品に目をかける。

 

2日連続で同じ店にいって、

「こういう系統は絶対不便だからやめよう」と思っていたものを買ってしまった。

1日目に目星をつけて、2日目にお札を握り締めてレジに行った。

アホなんちゃう。

 

いつも決定付けたものを目の前にしてすぐ別のものに目移りする。

コンビニのお菓子コーナーですらそうだから嫌気がさす。