読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間性と倫理観の欠如

穴があっても入れない人へ

いちごをフリーズドライするな

内的変革も断捨離も模様替えも怖い

 

タクシーの運転手さんも刺し身にタンポポ載せる仕事も

畜生ビスケットの割れたやつ弾く仕事も

10年後にあるかわからんの怖すぎ

 

あした隣国さんの核に引っ掻き回されて死ぬ可能性よりも

もっと先の未来に職業がない話のほうがよほど怖い

 

働きたくない

勉強がしたい

大学に通いたい

自分の金で借りた部屋で犬と暮らしたい

猫でもいい

両方でもいい

お金が要る

働く必要がある

働きたい

 

明確にどんな人間になりたいかの像が見えていない

盲目に高尚を目指しても停滞が捗るばかり

 

他人に優しくするだけの余裕は必需品だ

人に優しくしてもらいたいから人に優しくする

 

何かするための気力も足りてない

自分にもう少し優しくしないと気概が削がれるばかりだ

自分への要求が重すぎる

不出来なのが判っているならもう少し小さいことからやらせろよ 

 

迷子の子供に西へ進めっつってもわからんやろ

目的地の場所を見せるだけ見せてもわからんし

とりあえずあそこの角を曲がって郵便局が見えたら左って指示が最善

 

 

全部が駄目になっても飛び込む線路だけは自分で選べる良い時代

ダウト、絶対死んでやるかよ

プリンス・オブ・ウェールズ

興味を持って学んだ知識が

突然

くだらない、無意味なことに思えてしまって苦しみを味わっている

 

情緒の制御ができない

数日時間単位で巡っていた情緒が数分、数秒単位で切り替わる

助けてほしい

早くお医者様にかかりたい

医者 に 行く という日本語

いまも気が滅入って文を書きながら度々机に突っ伏してしまう

 

ウミホタルを捕まえてコップに入れて部屋に置きたい

 

 

部屋が殺風景というか、色が少ないので気が沈む

好きな人とカーテンを見る機会があって、

その時に上のことを話してみたら

「お前じゃん」と言われて笑ってしまった

どういう意味を含んで言ったのかは分からない

 

 

今日母親が部屋に来た時に毛布を支給された

しばらく私のベッドで寝転んだ後に、

「この部屋寒い」と言って新品の毛布を開封し始めたのでびっくりした

 

青緑地に白で幾何学的模様が入っている

色が増えて、暖かさも得たので嬉しい

 

 

 

 

昨日は展示の手伝いをした

お客さんに挨拶して、

お客さんの数をカウントして、

裏でお菓子を食べる仕事だ

 

3人目のお客さんが露骨なレイシストで辟易してしまい、

その後はもう表に出る元気があんまりなくなってしまった

 

前日にオールしたせいでエナジードリンクを飲むまで半分寝ていた

前準備でだいぶ疲れたのもある

 

展示室の雰囲気がすごく良かった。

小さな展示室で、作業場の奥に暗室があった。

作業場は小さいシンク、お箸、棚に乗った二眼レフ、お味噌汁の素、

粉せっけん、銀塩用の薬品、おしゃれな紙ナプキン、細長い裁断機、

など、生活感と生活に親和性のないものが入り混じっていて温かみがあった。

 

 

展示室を貸してくれてる人が口数は少ないがすごく優しい人なので良かった。

質問したら色々と話してくれたり、

ちょっと冗談を言う時の笑顔が可愛らしかった。

仕事が増えると「作業、作業」と小さく零しながら歩き回ったり

若くはないのにデスクで勉強をしているのが印象深かった。

酒税法の本を読みながら丁寧にノートに文字を綴っていて、

ふだん何をしているひとなんだろう、と興味が湧いたけど訊ねなかった。

 

 

展示会場の目の前の建物が綺麗なミント色だった。

団地が並んでいて、カメラを忘れたことを非常に悔やむ

 

ローカルなスーパーで

たまごドーナツと揚げた鶏肉とたまごボーロを、

自販機でエナジードリンクを買う。

 

たまごボーロは結局食べずに家に帰った。

作業場では何を食べても美味しかった。

印刷を手伝ったお礼に先輩がアポロをくれた。うれしい。

 

 

おやすみなし

AusgehenがSEXの隠語って聞いて驚いている

前に言っていたトマトの炊き込みご飯を作った。

 

炊飯器のスイッチを押すだけで一品作れる素敵な時代に生まれたな~。

いまやチーズケーキとか作れるって聞くけど美味しいの?

炊飯器って普通にご飯たこうとしても加減間違えたら爆発とかするってきいてすこしだけ怖いんだけど…

レンジとかも簡単に爆発するもんね、わかるよ~(わからない)

ちゃんとボールペンのノックとかみたいに炊飯器も何度も試験をしてるのかな……1000回の試し炊きを乗り越えた炊飯器とかなのかな……

そうなるとつまり我々が使っている炊飯器は非処女ってこと?百戦錬磨なの?私たちもう終わりね

 

 

トマトごはんを作った感想

 

バジルとマジックソルトかけたらもう最強。

刻んだ生姜とかも一緒に炊いてみてもよかったかもしれない。あととうもろこしとか。

 

料理上手になったら手料理食べてみてもらいたい人No.1さんがトマト含めてお野菜あんま好きくない人だから野菜以外で一緒に炊き込んで美味しいもの知りたい。

次はビール炊きご飯だな    親の買ってきたアサヒスーパードルルルルァーイを勝手にドボドボ注いでスイッチ押しちゃおうねポチー

 

 

 

昨日。

鰤の照り焼きを作ったら世界の始まりを感じるくらい美味しかった。思い出してお腹すいてきた。

 

 

 

昨日から今日にかけて見た夢

 

泣きながら蹲る母親の耳元にむかって唇を欹てて

「お前の子供は自殺がしたいんだってよ!」

「全部お前らのせいだ」「私と生活してて楽しかった?」と責め立てていた。

 

 

一昨日の夢は、

旧友が出てきて話をする夢だった。

 

友人間ではGODIVAのチョコレートを溶かして再度固めるのが常識らしかった。

中のガナッシュとか混ざっちゃうじゃん……とか思いながら場の中で私だけが否定的な返事をしていた。

最近の夢の中では割とほのぼのしていた。

 

就寝時刻を日付が変わる前にしたい。

今日こそ安眠してやる。

プラナリア

覚書と一緒に書いたけど長すぎて分けた日記。

 

 

 

日記?

 

 

トマトで思い出したけどトマトの炊き込みご飯が食べてみたい。

すごく簡単そうだった覚えがある。

あとで作るためにリンクを貼ろう。

nlab.itmedia.co.jp

トマトそんなに好きじゃないけど作るのが楽しそうだからやりたい。

あと面白そうなのを見つけたのでこれも貼っておこう。

nlab.itmedia.co.jp

nlab.itmedia.co.jp

ご飯を作れるようになりたい。

一昨日から1日に1つなにかしら作っている。

できれば毎日一品つくるのを続けたい。

 

昨日は揚げ出し豆腐を覚えた。

かなり好物なのに今まで作ったことがなかった。すごく簡単だったので、再挑戦したい。次はもっと片栗粉を増やそう。

 

今日はたらこ釜玉うどん。

起きてお腹が空いていたから、冷蔵庫の余り物で何か拵えようと思って何も見ないで適当にやった。

うどんのお湯をもっと切るべきだったし、絶対明太子の方がよかった。水がちゃんと切れてないのもあって、味が薄かった。

 

ちなみに一昨日はチーズ入りのホットケーキ。ホットケーキは料理と呼ばないと思う。

普通のホットケーキだと食べてるうちに飽きるので、シナモンとブラックペッパーを生地に混ぜたらすごく美味しかった。

卵焼き用のフライパンにバターを引いて弱火でじっくり焼くと、外が固くて中がふわふわのこんがりしたiPadになる。

強力粉なんて入れたらもちもちふわふわになりそう。

 

 

うどんを作って食べた後に家族にお昼ご飯に誘われたせいで、断ってしまったんだけど、そのせいで結構お腹が空いてる。焼肉いくならなんでもっと早く言わないんだよ。

いつものことだし予想はしてたから何も言わない。

 

食事のタイミングが本当に合わない。

わざと?ってくらい合わない。

 

1人で家で食べてても満足度高めの美味しいごはん早く作れるようになりたい。

課題は親子丼とニョッキ。

 

 

 

 

料理している間と、文章を書いている間と、良い音楽を聴いている間と、無心でシャンプーを繰り返している間は嫌なことを何も考えずに済む。

 

一時期、理由はわからないけど何度もシャンプーするクセがあった。いつだったか知人に零したら強めに止められた。

 

風呂場はなんとなく正気度が下がる気がする。

電気の消えた風呂場の、湯船の色が翡翠色に見えて、風呂上がりなのに頭を突っ込みたくなってびしゃびしゃになったりした。

 

思考に気を取られてシャワーを持ったまま動けなくなることがある。

本当に酷いときは取り落として、しばらくシャワーがのたうち回るのを静観している。最近はあまりない。

 

水の滴る音が話し声に聞こえる。

風呂場は自分の部屋と父の部屋に挟まれていて、自分の部屋側から若い女性2人のくぐもった話し声が聞こえるんだけど、誰もいないのがわかっているからちゃんと幻聴だとわかるのでそこだけ有り難い。

何を話しているのか、酷いことを言われていないか気になって嫌なので、なるべくずっとシャワーに当たってかき消すか、音楽を流している。ので。これも最近はあまりない。

 

 

 

 

黄緑と灰色を混ぜたみたいな色のメッシュを紫に染めた。茶色の部分は依然として茶色のまま。

あと地毛が段々茶色になってきた。染めたか聞かれる。染めてない。

地毛が真っ黒なことを割と指摘されがちだったけど、曾祖母が褒めてくれるので自分のパーツにしては嫌いじゃなかった。

美容師によると地毛なのにアッシュの入った黒らしかった。

傷んで明るくなっているのかわからないけど、わざわざ髪を茶色く染めてる女も、そういう方と同じに見られるのも嫌なので、早めに黒に戻って欲しい。

春は黒が光を吸収して頭があったかいので。

 

 

 

長く書きすぎた。

チョコレートくらい気軽に誰もが無数の情報を手に入れることができる

「チョコレートくらいの気軽さで」という一文をどこで読んだのか思い出せない。

妙に頭に引っかかってるあたり多分、気に入ってる。

 

もう少しチョコレートが高騰すればバレンタインデーに女性が男性にチョコレートを送る日本特有の文化も中止してくれるんだろうか。

手作りのものを口にすることに対して、電車の吊革をつかむ時と同じくらいのほんのちょっとの抵抗があるよね。ない?そうですか。

 

 

 

おぼえがき

 

胎児とヒトの血液とトマト、

新生児と魚、

成人男性と犬、

成人女性と猫、それぞれが含んでいる水分量が一緒だそうだ。

 

体内の水の割合だけで見ると

魚と猫の間にいるということになる。ちょっといい。響きが。

 

 

 

 

 

話を飛ばします。

一定数の猫の目が緑色に見えるのと空が青く見えるのは同じ原理。らしい。

 

先に空の話。

 

光が大気中で散乱する。青は波長が短く、赤よりも散乱しやすい。私達が日中見ている空の色は、青と緑の波長が散乱したもの。

 

赤は波長が長いから散乱をしにくい。日が登る時と沈む時の方が太陽と私達の間にある大気は多い。だから大気で散乱しにくい赤を観測できる。

これが夕焼けと朝焼け。

 

 

猫の目の話。

 

いくらかの猫が持つ緑色の目は、虹彩で赤の波長を吸収している。

青い目もそうらしい。

それに対して、赤い目はアルビノと同じ原理らしい。

赤目の猫の場合はおひさまの元を歩いたり日向ぼっこするのに支障が出そう。

 

フラッシュを焚いた時の赤目現象アルビノの目が赤い原理が同じことをはじめて知った。

 

光に手をかざしたときに赤く見えるのもそうだっけか。

何故フラッシュを焚くと赤目になるのか考えたこともなかった。ただ、「そういう現象なんだ」とだけ思っていた。愚かしい感じがする。

 

 

 

 日記を書きたくて覚え書きの下に書いたけどあんまり長かったから記事を分割することにした。

ローソンのグリーンスムージーは美味しい

グリーンスムージーに対して妙に小馬鹿にしたような感覚があったんだけど

いつだったか野菜不足を解消したくて飲んでみたら美味しくて驚いた

 

野菜不足を解消するために飲み物で補おうとするのは

野菜が嫌いな人向けの手段かもしれない

 

野菜めちゃくちゃ好き 多分ぜんぶすき やっぱうそ 全部食べられるのはほんと

小さい頃はトマトが嫌いだったけど中学に入る前に克服したし

茄子はどうしても好きになれなかったけど

バイト先の賄いで茄子の天麩羅とか水茄子とか出してもらってから

美味しいものだと思えるようになって、食べられるようになった

 

 

野菜、おいしいのに栄養が取れてカロリーも低い素晴らしい食べ物だと思う

家の冷蔵庫には野菜がちょっと少ない

お肉もお魚も好きだけどずっと肉ばかり食べていると怖くなってくる

ちょっとだけ野菜と海藻のみで過ごしてみたい

ヴィーガンの生活はどんな具合なんだろう

実際自分がやったら豆腐も野菜のくくりに入れたくなってきそうだし日に日に元気がなくなりそう

 

 

 

 

DTMの動画を見ていた時に、

Glitch hopというジャンルがあることを知った。

ヒップホップとエレクトロとグリッチ、または

トランスとダブステップをかけ合わせたものという意見がある。

トランスがまず分からなかったので調べたところ、

アシッドハウスの派生で、

ソナタ形式にならって構成されているらしい。

イントロ→ブレイクダウン→クライマックス→アウトロ

を厳守するとのこと。

ルールのきっちりしてる音楽なのはわかったけど

書いてあることむつかしいな~となってトランスについては一曲も聴いてない。

youtu.be

Glitch hop、動画が削除されがちで少し悲しい

音楽の分類の話は蹴りがつかないので見るのもするのもちょっとやだよね

 

 

 

風呂の歴史について調べた。

湯船を張って入浴するスタイルが確立された時期が不明らしく、

ちょっともやっとした気持ちになった。

意外なことに、平安時代には既に上流階級の家に蒸風呂なるものが存在していたそうな。

貴族以外の人たちはどうしていたのか疑問だ。川で行水とかしてたのかな。

蒸風呂があったといっても今とは違って宗教的な意味合いが強かったらしい。

友人が体臭とか夜伽に影響しないのか言及していたので、

食文化も違うから現代人ほど皮脂がないのでは?と返しておいた。

ユニットバスの歴史が1960頃からというのも驚きだった。若い。

 

 

 

3時近いのに全然眠くないのが辛い。

お昼寝したせいなんだけど既に土曜~日曜の間にいるような感覚で、

明日の朝起きて曜日を見た時にちょっと得した気分になれたらいいなと思う

 

 

 

スマホから書きづらい

 

入力の時に文字がチカチカしたり勝手にカーソルが移動することへのヘイトが強くある

 

チカチカだけならまだしも、変なところに文字が挿入されたり任意の場所を消せないのは勘弁して欲しい

 

 

 

眠気がないから書こうと思ったんだけど書こうとしたら眠気が出てきたな

 

 

 

最近見た、記憶に残ってる夢を纏めておこうと思う

 

 

・生き物を素手で屠殺する夢

 

何故素手なのか分からなかったが、そういう仕事だから仕方がないのだった。

窓ガラスを割って食肉の素が部屋に飛び込んでくる。

あたたかい、やわらかい生き物の首を腕で固めて、力を込めて絞める。

つめたくかたくなる。

感触は犬。

未知→既知の置換。

捌く工程は別の人が行うらしかった。

 

・食肉になる夢

地べたに伏せていると部位の名前が頭上で鳴る。

動いてはいけないとは言われなかったけど動く気もなかった。

呼ばれた部位に肉切り包丁が飛んでくる。振り下ろされる。切断される。

切り離された自分はどこまでが自分なのか。

頭と切り離された身体は果たして自分と呼べるか?

抜いた髪も毟った皮膚も自分と呼んだりしないだろう。

では指は?

腕は?

 

・落下する女

みかん農家の女が木に登る。

絵本の中に描いてあるみたいな、子供じみた誇張がなされた高さだった。

高所恐怖症のドジな女が落ちる。

木の生える方向と、平行に落ちる。

私はその映像を、彼女を取り巻く気体と同じ目線で見ている。

私が落下する訳じゃない。

女の目線は分からない。

女が落ちる映像を、何度も何度も何度も見せられる。

女が地面で潰れたみかんになる前に、落下のスタート地点の映像に巻き戻る。

ループ解除がしたかったけど、

Escキーはどこにもない。

視界いっぱいの水色と、高い木と、間抜けな女。

 

 

・リキュール瓶で殴り殺される夢

女の子数人と、ダクトを這って目的地に向かう途中に意識を失う。

気が付くと暗い部屋で、目の前には線の細い神経質そうな男と、さっきまで同行してた女の子達がいる。

話を聞けば、1人ずつ殺されるらしい。

男の采配で順番が決まる。

どうか一番に殺して欲しかった。

順番が最後になればなるほど怖い筈だから。

ルジェ・ピーチの瓶が目の前に振り下ろされる。

さっきまで喚いていたブロンドの女が倒れ込む。

撲殺でも意外と血が出るな、と眺める。

次は私の番らしい。

2番手を不服に思いつつ、息を吐く。

ルジェ・カシスの瓶が私の視界に光と花を散らす。

私もルジェ・ピーチで殺されたかったな。

そこも不服に思いながら地べたに伏す。

割れた頭からリズム良く血が吹き出る。

あたたかくて心地いい。

視界が白む。

救済されてる感覚があった。

次に殺される女の声は聞こえなかった。

 

 

・青木

幼稚園と小学校が一緒だった青木君と、小学校と中学校が一緒だった岡野とお蕎麦を食べた。

青木の近況を尋ねると、どうやら私と関わったせいで人生お先真っ暗らしい。

中学受験して、親にも溺愛されてた癖に何を言うか。

などの文句を蕎麦と一緒に飲み、平謝りをするだけの私に青木が激昂する。

掌を箸で刺される。

好きだったラノベにあった描写だな~と思いながら刺さった箸を見る。

驚くほど痛みがない。

記念写真を青木にせがむが、全く痛がらずにスマホを取り出す私に対して青木はドン引きする。

 

とつぜん岡野が、意地の悪い表情をしながら無理矢理に箸を引き抜く。

引き抜いた瞬間は痛かった。

これだと出血もあるし、まだ写真だって撮ってもらってないのに無理に引き抜いた岡野に強く苛立ちを覚えた。

箸を岡野の脳天に振り下ろしたのか、灰皿かなにかで殴ったのか定かじゃないが、岡野が死ぬ。

さて死体を海に捨てに行こう、ポリ袋に入れたら車に積もう、と淡々と計画しているところで目が覚めた。

 

 

 

書きながら眠くなってきてうとうとしていたんだが、目を閉じるとどこからともなく「もう終わり」「クソ女」などの罵声が聞こえる。

現実でうるさい人くらいうるさい。

静かにしてよ。